クレジットカードについている海外旅行保険

スポンサーリンク

海外旅行をする場合は、犯罪などに巻き込まれてれないようにするためクレジットカードの利用が多くなっています。

現金をそのままの状態で持ち歩いているよりも、犯罪者から狙われにくくなるためです。クレジットカードを利用するメリットは、キャッシュレスで海外のレストランやショッピングなどを楽しめるだけではありません。

クレジットカードには海外旅行保険が付いているものが多く、様々状況に応じた補償用意しています。

海外旅行保険が付いていますが、一般の保険会社の商品とどこが違うのか迷ってしまう人も少なくありません。

一般の保険会社が提供している商品との違いは、補償期間の長さになります。クレジットカードの付いている海外旅行保険は、トラブルなどが発生してしまったら90日以内までに出国してから申請することが必要です。

日数などの選択はできないため、海外旅行に行く前にしっかりと確認が必要になります。一般の保険会社が提供している商品の場合は、多くのもので日数が選択できるようになっているのが特徴です。

海外に滞在している日数に応じて、自分の都合に合わせて保険期間を選択することができます。外国にいる日数によって保険期間が長くなると、料金もそれに応じて高くなるので注意しましょう。

補償内容についても、クレジットカードについている海外旅行保険と一般のものとは大きな違いがあるので気をつけなければいけません。

クレジットカードの付いているものは、疾病などで死亡した場合は補償の対象にならないので注意しましょう。

一般の保険の場合は、疾病などで死亡した場合も適用範囲となります。病気を発症している人が海外旅行へ行く場合は、一般の保険に加入しておく方が無難です。

病気や怪我などで病院で治療した場合、診察料金の支払い方法などにも違いがあります。一般の保険会社の場合では、病院などで治療費などの自己負担はありません。

診察などにかかった治療費などを、加入者自身が代わりに支払う必要がないような仕組みになっています。クレジットカードについている保険の場合は、会社によって支払い方法が異なるので確認しておくことが必要です。

治療費などのキャッシュレスに対応していな会社の場合は、病院などに自分が代わりに治療費などを支払うことになります。

自分で立て替えて支払う必要なないクレジットカード会社もあるので、旅行前に自分の加入している会社に問い合わせておくと安心です。

クレジットカードに付いている海外旅行保険は、一般の商品と補償内容が異なる場合が多くなります。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする