デビットカードとクレジットカードの違い


どちらも支払い時に提示して使用する物であるため各々で異なる点がわからないという方が少なくないですが、大きく異なるのはデビットカードが即時払いをするのに対し、クレジットカードは後払いをするという点です。


しかも、即時支払いにあたり利用されるのは予め登録してある使用者の銀行口座なので、1枚のカードでの支払いではあるものの現金払いに近いです。

店頭で支払い時にカードを提示し、支払代金分の預金額が口座内にあれば支払いが完了させられ、支払代金よりも預金額が下回っていると支払う事ができないのですが、預金額が足りていないのにも関わらずお買い物をしてしまうといった事態に陥らないため、使いすぎないという恩恵に授かれます。

一方、クレジットカードは後払いになるため、たとえ支払い時に手持ちもしくは預金額を上回る金額のお買い物をする場合でも難なく完了させられます。

また、デビットカードでは分割払いを選択する事ができないものの、クレジットカードでは分割払いを選択する事ができるという違いもあります。

そのように、銀行口座と紐づけて支払いを行うという特性上安全性が高いと言えるので、クレジットカードが18歳以上でなければ作ることができない反面、デビットカードは16歳から作る事ができますし、クレジットカードのように申請から発行に至るまでの間に返済能力に関する審査が行われる事もありません。

そして、各々では発行している組織についても違いが見られ、クレジットカードの発行元がカード会社なのに対して、デビットカードを発行しているのは銀行です。
その理由はカードを提示した際に引き落としされるのが銀行口座であるという仕組みが関係しており、引き落としに適用させたい銀行口座の銀行が発行しているカードに申し込みを行い入手するという流れが一般的です。

そのため、必然的に銀行口座がある銀行が発行しているカードを所有するという事になりますが、クレジットカードの場合はカード会社という専門の組織が発行しているので、カードの銘柄と銀行の口座の組み合わせが柔こうした似て非なる2つのカードですが、日本においては圧倒的にクレジットカードの方が認知度と所有率が高いものの、海外に目を向けるとデビットカードの方が所有率が高いのが実情であり、尚且つまだ子供が小さなうちから親が子供に対して持たせるという事例が一般的なので、幼少期から非常に一般的な決済手段として認知されています。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク