ファクタリング仕組みについて

スポンサーリンク

ファクタリングは売掛債権を金融機関に譲渡し現金化する方法です

これにより売掛債権の本来の期日である相手方の入金日を待たずに現金を入手することができるため、キャッシュフローの改善に役立つものとなっています。

売掛債権は基本的には売買契約に基づき商品の納入日から一定期間を経過後現金が入金されるまでの間、この現金を入手することができる権利を持っていることを証明するものです。

しかし、企業によっては長期間にわたる売買契約における入金日までの期間を持っていることも多く、この間に支払い等が発生した場合には著しくキャッシュフローが悪化することになり、最悪の場合には現金が手元に残らずにマイナスとなってしまい倒産することも少なくありません。

これを黒字倒産といい、帳簿上は黒字となっているのに実際の現金がないために支払いが滞り倒産をしてしまうことを示しています。

このような事態に陥らないためには売掛債権を早期に現金化し支払いに充てることが必要となりますが、相手方の支払い能力に問題がある場合には売掛債権の期日となっても現金が入手できるという保証がありません。

そのため、これまで行われていた手形割引や売掛債権担保融資では最終的に借金を返済できない恐れがあるため、売掛債権を売却し現金を入手する方法を選ぶことが多いのです

この方法ファクタリングといい、手数料を差し引いた金額を支払う代わりに債権を買い取る仕組みで、債権を買い取った側は相手方の支払い能力がない場合に支払いを受けることができないと言うリスクを負うことになります。

ファクタリングは売掛債権の支払いリスクを背負う代わりに高額な手数料を差し引いて債権を買い取ることができるため、相手方が着実に代金を支払う場合にはその手数料が金融機関の利益となります。

おおむね40%程度の手数料を設定しているところも多く、売掛債権を譲渡する側は高額な手数料を差し引いた金額を受け取ることになるため実際の現金としての利益は大きく圧迫されますが。当座の経営リスクを乗り越えキャッシュフローを改善する方法としては非常に確実な方法として広く利用されています。

売掛債権を売却することができるので相手方の支払い能力に関するリスクを考えずに売却をすることができ、効率的に売掛債権を現金化することができるのです。

また金融機関は売掛債権を買い取る際に相手方の経営状況などを十分に確認することが多いため、支払いリスクを減らすことも可能で、場合によっては非常に効率の良い取引となることが少なくありません。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする