任意整理のやり方について

スポンサーリンク

任意整理やり方は、弁護士や司法書士といったプロに頼む方法と、自分で行う方法の2通りがあります。

プロに頼む場合には電話やメールで依頼をし、借り入れのある銀行や消費者金融などの一覧を出します。その中から今まで通りに借りたお金の支払いを続けていく会社、借金を整理して過払い金を受け取る会社や利息カットをする会社を決めます。その後は、弁護士や司法書士にお任せしてしまえば問題ありません。

何か疑問点などがあった時には連絡してくれますので、その都度返事をすれば早ければ3か月程度、遅くとも半年ほどで任意整理が解決します。

自分で行う場合には、借金の整理を行おうと思っている会社に取引履歴の開示を要求します。これは自分がいつからどれだけの金額を借りて、返済がどうなっているのかを一覧にしたものです。取引履歴が届いたら、そこから払い過ぎていた利息の計算を行います。

ネットで探せば無料で計算ができるソフトがありますので、それを利用すると良いでしょう。その後、計算書をもとに過払い金の請求や、これからの返済についての交渉を行い、合意すれば任意整理は終了となります。

弁護士や司法書士に依頼する場合も、自分で行う場合も、メリットとデメリットがあります。良く考えて行うようにしましょう。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする