債務整理中にお金を借りる

債務整理中にお金を借りることは出来るのかと考える人は時折いますが、これについては基本的に難しいと考えた方が良いでしょう。

と言うのも債務整理の情報は全て信用情報に記録されているものであり、金融機関が融資する際にはこの信用情報を必ずチェックしているのです。

そこに債務整理の情報が記録されていた場合、金融機関は「この人は今債務整理をしなくてはならない状況にある」と判断せざるを得ませんから、新たな貸し付けをすることは無いと言えるわけです。
ただ絶対に不可能なのかと言われるとそうではなく、中小の消費者金融の場合には借入が出来るケースもあります。

大手の場合はもともと利用を希望する人が多いためにリスクが高い顧客に対して融資をしないのが普通ですが、中小消費者金融となると融資希望者が少ないために「多少信用に難があったとしても貸し付けて利益を確保したい」と考えるケースがあるのです。
それであれば債務整理有にお金を借りることも不可能だとは言えません。

ただしかし、こういった中小消費者金融から借りる際には闇金ではないかどうかというのをチェックしなくてはなりませんし、そもそも債務整理をしているということは収支のバランスがおもわしくない状態にあるはずです。
そうした中で新しい借入をすると結局債務整理の意味が無くなることもあり得ますから、可能な限り新たな借入はしないことをおすすめします。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク