クレジットカード審査について

スポンサーリンク

クレジットカードは申込を行う際に必ず審査を受けなければなりません。

そして審査を通過しなければ、クレジットカードを利用することはできません。しかしカード会社がどのような基準を持って審査をしているのかは明確に公表してはいません。そのため通過できなかった場合にも、通過できなかった理由を説明してもらうことはできないのです。

クレジットカード会社が審査基準にしているポイントとしては、返済能力、性格、資産や財産の三つの観点をポイントとしています。クレジットカードは日本語に訳すと信用カードということになります。

審査を通過するためには、カード会社に利用したお金をきちんと返済する能力のある、信用できる人が通過できるといえるでしょう。

入会を希望する際に記入する申込書をもとに、カード会社は独自の方法によりコンピューターで点数付けを行います。これはスコアリングシステムと呼ばれるもので、コンピューターで自動的に点数付けされますが、その際に重要なポイントとなるのが、返済能力と性格、そして資産や財産の3つのポイントとなるのです。

返済能力とは、申込者の年齢や職業、勤務先企業の規模や勤続年数、年収やその他の借入額などを見て、今後返済能力があるかを判断するものです。年齢は一般的に18歳から30代前半ぐらいの世代が、最も評価が高くなります。この世代は最もお金を自由に使える世代ともいわれ、ローンを抱えている人や借り入れをしていない人が多いためといわれています。年齢を重ねるごとに審査の難易度は上がるといわれているので、たとえ必要ないと思っても、若いうちに1枚作っておくのもおすすめと言えるでしょう。

職業としては公務員や医師が断然有利になります。

一般的には年収が安定していて、年齢を重ねることに年収が上がる傾向にあります。将来的に仕事に困るという危険性が、ほかの業種よりも低い場合に有利となるでしょう。公務員や会社員も評価されやすく、反対に自営業者や非正規社員は不利となってしまうでしょう。

雇用形態がパートやアルバイトの場合には、収入が安定していないという特徴があることから、評価は低くなりがちです。しかしパートやアルバイトでも大丈夫とうたっているカード会社を選ぶことで、通過できる可能性もあるでしょう。無職や失業中の人は安定した収入がないとみなされるので、ほとんどの場合、通過は難しくなるでしょう。

勤務先の規模としては、大企業や上場企業、公務員などの場合には、一般的には評価が高くなるでしょう。これらの会社は、会社が倒産するリスクが少ないので、カード会社も安心して貸し付けを行うことができます。そして勤続年数は、同じ会社に長く勤めている人ほど評価は上がるでしょう。長く仕事を続けられる会社は安定しているという証拠でもあり、返済能力があると判断されます。

年収が高ければ高いほど、評価が高いと言われていますが、年収はあくまでも自己申告になります。そのため実際はそれほど重要視されないといえるでしょう。しかし場合によっては収入証明書を提出しなければならないこともあるので、虚偽の情報を記入することはやめましょう。そして他社から多額の借り入れを行っている場合には、たとえ大企業に勤めていても、返済が難しいと判断されてしまうこともあります。

そして二つ目の性格というポイントです。これは延滞することなくきちんと返済ができるかという性格面を判断する基準です。

住宅ローンの支払いや商品を分割払いで支払う契約などの場合に、滞納せずにきちんと返済できているかという利用履歴が参考になります。
最後の資産や財産というポイントとしては、担保となる住居などの不動産を所有しているか、また所有している場合ではどれくらいの居住年数があるかなど、資産としてどれくらいの価値があるかを判断されます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする