銀行融資のメリット、デメリットについて

スポンサーリンク

金を借りる際には、銀行や消費者金融などの選択肢があります。

基本的に企業が融資してもらう際には銀行、個人が融資してもらう際には消費者金融を用います。では、この内銀行融資を用いることのメリットやデメリットには、どんなものがあるのか見ていきましょう。

銀行融資は、消費者金融に比べて限度額が大きいので、一度にたくさん借りられることや、金利が比較的低いことなどがメリットとして挙げられます。また、何度も借り続けることによって、優良企業として優遇してもらいやすいということも魅力の一つでしょう。

反対にデメリットとしては、限度額が大きいゆえに審査が厳しいことや、審査に通らなかったり、お金を返済できなかったりするなどの問題があった際には、今後当該銀行のみならず、他の銀行からも借りられなくなる可能性が高いなどが挙げられます。ただ、企業をしっかりと経営している姿勢を見せることや、資金繰りが最悪の場合は最低でも利息を返済することを継続していくことによって、これらのデメリットは最小限に抑えることができるでしょう。

特に企業というのは銀行との信頼関係が重要になるので、常に真摯な態度で接することを心掛けておきましょう。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする