奨学金 の連帯保証人について

スポンサーリンク

奨学金は日本学生支援機構から融資してもらうお金であり、言ってしまえば借金と言う事になります。

そのため当然返済する必要が出てくるのですが、奨学金を利用するためには通常の借金をするのと同じように保証人と連帯保証人を揃える必要があります。

ただし貸主である日本学生支援機構にとって重要なのは保証人の方ではなく、連帯保証人の方であると言われているのです。
奨学金 連帯保証人の条件としては親権者もしくは未成年後見人など、奨学金を利用する学生にとって保護責任を持っている立場の人であることが指定されています。

と言うのも連帯保証人は保証人と違って借主が返済できなくなってしまった場合、容赦なく返済を求められる立場にあるからです。そのため保証人のように催告の抗弁権や検索の抗弁権などの権利を有していませんし、頭割りで返済額が少なくなる分別の利益などもありません。

しかも借主だけではなく連帯保証人に対しても請求されるのは一括での返済であり、それに応じられなかった場合は強制執行になってしまうという危険性を持っています。このため奨学金 連帯保証人に関するトラブルが増えてきていますし、奨学金を利用することに関する不安を抱えていると言う人たちも増えてきているようです。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする