市役所でお金を借りる方法について

スポンサーリンク

市役所には生活福祉資金制度があり、福祉制度があり、都道府県社会福祉協議会が実施する福祉制度の一種です。

お金の使い道によって福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金、総合支援資金の4種類に分けられます。生活福祉資金を利用できる対象となるのは、制度を利用することにより独立生活が成り立つと判断される低所得者や、日常的な介護を必要とする高齢者世帯、精神障害者保険福祉手帳、身体障害者手帳、療育手帳の交付を受けた障害者世帯などです。

市役所でお金を借りるのと銀行、金融業者との違いは金利の安さです。生活に困窮している人を対象としているので、連帯保証人がいる場合は無金利、いない場合でも年1.5%の低金利で借りることができます。

申し込む際に必要なものは収入証明書、住民票、申込書ですが、申請する資金によって必要な書類もあるので不備のないよう用意しましょう。

市役所を通すことから給付金と勘違いする人もいるようですが、返済する義務が発生します。生活が困窮しているからと言って必ず審査が通るとは限らず、資金の種類による違いや貸し付けができないケースもあるのでわからないことは問い合わせ、相談窓口を通して相談してみましょう。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする